西澤徹夫が会場を構成した展覧会「映画をめぐる美術ーマルセル・ブロータースから始める」

ベルギー出身のアーティストマルセル・ブロータースと現代の作家13名の仕事から、映画と現代アートの関係を探る展覧会「映画をめぐる美術ーマルセル・ブロータースから始める」が、東京国立近代美術館で開催されている。

Exhibition ‘Reading Cinema, Finding Words: Art after Marcel Broodthaers’ is held at the Natinal Museum of Modern Art, Tokyo. The exhibition features works by Belgian artist Marcel Broodthaers and other 12 contemporary artists to consider relationship between the photography, film, video works in contemporary art and cinema.

© Estate Marcel Broodthaers

マルセル・ブロータースの部屋への入り口。この部屋自体が、12人の現代作家たちの部屋への入り口となっている。(写真:木奥恵三)/ Entrance to the room of Marcel Broodthaers. This room is like a entrance hall to rooms of 12 contemporary artists. (photo by Keizo Kioku)


展覧会の見どころの一つは、西澤徹夫による会場構成。今回の会場について、西澤は以下のようにコメントしている。


展覧会は、まずブロータースの部屋から始まります。

この部屋にある6つの穴は、カーテンに囲まれた長い廊下の入り口になっていて、それぞれフィルムやヴィデオ、写真の分野で活躍する12人の美術家の部屋へ通じています。そしてこの廊下を戻って、またブロータースの部屋から始まります。

参照軸となるブロータースの部屋とそれぞれの美術家の部屋を「めぐる」経験は、いったん切り離され引き伸ばされて、作品世界へ深く入り込んでいけるような配置になっています。


会場の平面図 / Plan of the exhibition space

One of the highlights of the exhibition is spaces designed by Tezzo Nishizawa. Nishizawa commented about the exhibition design as follows.


The show begins with a room dedicated to Marcel Broodthaers.

The six openings in this central room are entrances to long passages made of black curtains. And each passage leads to rooms for films, video works and photographs by 12 contemporary artists. Audiences walk a passage, enter the room, appreciate the exhibits in there, and return to Broodthaers’ room. Then they start from Broodthaers’ room again and enter into another opening.

By moving around the long passages which connect Broodthaers’ room as a reference point with each artist’s room, audiences are always detached from their memory of an artwork just before, and could deeply enter into the world of next one.



© Estate Marcel Broodthaers

© photo: Ana Torfs

© Pierre Huyghe, courtesy Marian Goodman Gallery, Paris/New York

Courtesy of Kadist Art Foundation / © Eric Baudelaire





写真:木奥恵三
photos by Keizo Kioku



映画をめぐる美術 — マルセル・ブロータースから始める
会期:2014年4月22日 — 6月1日
会場:東京国立近代美術館

Reading Cinema,Finding Words:Art after Marcel Broodthaers
April 22 — June 1 ,2014
The National Museum of Modern Art,Tokyo