ポール・カロースティアンがベイルートの古いオフィスビルの最上階に完成させたレストランバー「STEREOKITCHEN」

レバノンの首都ベイルートにある古いオフィスビルの最上階に、ポール・カロースティアンが設計したレストランバー「STEREOKITCHEN」が完成した。

Paul Kaloustian has completed STEREOKITCHEN, a restaurant bar at the top floor of an old office building in Beirut, Lebanon.


既存のコンクリートスラブに、金属製のキャンティレバー構造がレストラン全体を覆うように加えられた。
2cm厚の薄いエッジ部分が、25mの長さのファサードと両サイドのコーナーに突き出ている。

The top of the pavilion is partly the existing concrete slab and partly an added metal structure cantilevering to cover the whole area below.
The edge of the cantilever becomes very thin (2cm) and runs along the whole length of the façade (25meters) and the corner on both sides.


曲面ガラスのボリュームをとりまくテラスは、都市の混雑と地中海の水平線という対極的な2つの様相をたたえ、それらと内部空間との曖昧な関係をつくり出している。

The terrace “wrapping” the rounded glass volume celebrates the two opposite conditions of the crowded urbanity and the stretched wide horizon while creating ambiguous relations with the inside:


日夜の光と時間により「ガラスのパビリオン」は異なる表情を見せる。あるときは内部空間をむき出しにし、またあるときは一定の閉鎖性を確保する。それとともに曲面ガラスは、レストランのゲストたちを、もしくは外部に広がる都市を、かざるショーケースとなる。

one engages and perceives the “glass pavilion” in multiple ways depending on the light and time of the day or night, it could appear as a solid volume peeling open, revealing its interior or maintaining a certain amount of “opacity” and intrigue while the glass becomes once a window of display case of the people inside or a display case of the facing city.












Project: STEREOKITCHEN
Architect: PAUL KALOUSTIAN ARCHITECT
Collaborators: VIKEN KHATCHERIAN — JIHANE KALOUSTIAN
Location: PASTEUR STREET — BEIRUT
Area: 500 m2
Completed: 2014
Photography: JOE KESERWANI