C-Fabriekのメンバーでもあるデザイナーのトマ・ヴァイリーとラウラ・リン・ヤンセンが手がけた新しいプロジェクト。3Dプリンターで作られた樹脂製のワイヤーフレームを鍾乳洞に持ち込み、炭酸カルシウムの沈着作用を利用して石のかたちをデザインすることに成功しています。

ディテール / Detail

フランスのサン・ネクテールへのフィールドトリップ / Field trip in Saint-Nectaire, FR

オーベルニュ(フランス)へのフィールドトリップ / Field trip Auvergne, FR

石化した葉 / Petrification of a leaf

石灰石の沈着の化学式 / formula of limestone deposit

フィールドトリップのツールと採取物 / Field Trip

ミラノで開催された「Dutchinvertuals」展での展示風景 / Setup Milan with Dutchinvertuals

石化前のフレーム / Stoneware — before petrification

石化開始後45日の状態 / Stoneware — petrified for 45 days

石化開始後92日の状態 / Stoneware — petrified for 92 days

クローズアップ(92日後) / Stoneware — Close up — 92 days

CaCO3 —ストーンウェア

ラウラ・リン・ヤンセン&トマ・ヴァイリー

石は地球から抽出され、目的に応じて刻まれ、切られ、組み合わされる。石を作ることはできない。技術的な進歩は物質そのものをデザインすることを可能にしているが、果たして石を好みの形に育てることはできるのか。

科学者、地質学者、職人との学際的なデザインプロジェクトで、フランスのオーベルジュにある休火山地域に出かけ、自然な石化のプロセスを学んだ。一年後、厳選された温鉱泉で新種の化石が生み出された。


CaCO3 — Stoneware

by Laura Lynn Jansen & Thomas Vailly

Stone is extracted from the earth, carved, cut and assembled to fit a purpose. It cannot be constructed. Technological progress allow mankind to design matter itself but could stone be cultivated or grown into a desired shape?
Together with scientists, geologs and craftmen, this cross-disciplinary design project studied the geological process of petrification in the French region Auvergne, a none active volcanic area. Over the course of one year, fossiles of a new kind have been produced within selected thermo-mineral springs.