ロンドンのデザインミュージアムで開催中のダニエル・ヴァイル展「Time Machines」

1981年に発表した「Bag Radio」でポスト工業化社会のプロダクト像をいち早く示したデザイナー、ダニエル・ヴァイルの個展「Time Machines: Daniel Weil and the art of design」が、ロンドンのデザインミュージアムで行われている。



この展覧会は、ダニエル・ヴァイルの30年のキャリアとその影響力を振り返るもの。ロイヤルカレッジ・オブ・アート(RCA)のクリティカル&ヒストリカル・スタディーズ科でシニアチューター、マルティーナ・マルゲッツがキュレーターをつとめている。




展覧会の要となっているのは、309冊のスケッチブックが広がる木製のテーブル。下の段にはダニエル・ヴァイルが収集した様々なものが並べられている。




会場の奥には、この展覧会のためにデザインされた新作の時計が展示されている。一部はミュージアムショップで購入可能。









Time Machines: Daniel Weil and the art of design
14 May 2014 — 25 August 2014

Thirty-five years ago, Daniel Weil arrived from his native Argentina to study design at the Royal College of Art. His reaction to political and post-industrial freedom produced the seminal Bag Radio in 1981, followed by a continuous series of inventive objects, products and interiors.

This exhibition focuses on the process of design, and how designers think and work. It explores how Weil interprets sources, chooses projects, uses colour and creates form. A longstanding Partner at Pentagram, former RCA Professor of Industrial Design and Memphis participant, Weil presents his experience and philosophy of design practice as a manifesto of ‘actions for designers’.

Guest Curator is Martina Margetts, Senior Tutor in Critical & Historical Studies at the Royal College of Art. (from Design Museum’s website)