鈴木康洋による繭から直接紡ぐ照明「Re Cocoon Project」

今年のRCAの修了制作展、SHOW RCA 2014にて鈴木康洋が発表した蚕の繭を直接巻き取り、照明のシェードを作る「Re Cocoon project」を紹介します。

‘Mesh light’

‘Lotus light’

‘Satellite’

絹は耐熱性が高く、また動物繊維の中で最も軽い素材です。一つの繭から1km~1.5kmの絹が生成され、絹繭自身にはセリシンと呼ばれるニカワ成分が含まれています。これら絹織物の製造工程をリサーチすることで見えてきたことに着目し、照明のシェードにもなるストラクチャを制作しているのが「Re Cocoon project」です。

Process : Spinning Machine.

Spinning Machine : Detail.

繭を煮て、ほぐれた絹を直接型に巻き取ることでストラクチャーが成形されます。また繭に含まれるニカワが接着剤の役目を果たし、形状を保つためしっかりとした骨組みは必要ではありません。

‘Wave light’

Wave light : Details.


蚕の繭から取れる繊維を途切れることなく巻き取ることで生まれる、光を包む新しい繭。絹糸の生成で起こる様々な繭の特性を活かし、一つの素材(蚕繭)で機能性と成形方法が完成している所が魅力的です。


鈴木康洋は日本の多摩美術大学のプロダクトデザイン科を卒業し、その後RCAのDesign Productsを2014年に卒業した若手のデザイナーです。彼のその他の作品はこちらから


Re Cocoon project by Yasuhiro Suzuki

Re Cocoon project is a series of silk’s structures directly moulded from silk cocoons. I developed my own method of cocooning by boiling the silk cocoons and directly spinning silk fibre from them onto a mould. The idea of this project derived from my curiosity of silk textile production and processes such as silk spinning. I applied this recocoon’s idea to lampshades because of silk’s heat-resistance property and the lightness of silk. In order for these lamps to hold their shape, I utilise silk’s natural glue-like protein, Sericin. In addition, these silk lamps have no framework inside except a metal frame light, therefore the lampshades are extremely light. I can continually spin approximately 1.5 kilometres of fibre from each cocoon, which allows me to then produce these lamps. Each lamp is completed only from the natural properties of silk.

Yasuhiro Suzuki is a Japanese products designer, BA Product Design course in Tama Art University in 2011, MA Design Products course in Royal College of Art in 2014.
If you need to see his other projects, please check Here.


posted by Shin Yamashita.