藤田雄介 / Camp Design inc.による「花畑団地27号棟プロジェクト」

2012年にUR団地再生デザインコンペで最優秀賞を受賞した藤田雄介 / Camp Design Inc.による花畑団地27号棟のリノベーションプロジェクトです。藤田はこれまでもインテリアの改修などにおいて、建具による室内風景への改変可能性に取り組んできましたが、今回の改修においても建具に注目し、スチールサッシから木製サッシへの変更、また建具の配置をずらすことによって半屋外のルームテラスを生み出すことを試みています。

そのような汎用性をもったアプローチによって均質な団地の間取りと外観にバリエーションが与えられ、さらには日本各地に存在する団地という風景全体の再編を視野に入れた提案となっています。













【以下建築家によるテキスト】
「建具が再編する風景」

東京都足立区にある花畑団地のボックス型住棟の改修プロジェクトである。一棟の改修であるが、その射程は都市再生機構が保有する約76万戸の団地風景を再編していくことに向けられている。この棟のための特殊解ではなく、団地というビルディングタイプに汎用可能な設計を提示しようと考えた。そのための手立てとして建具を設計の主対象とし、それ以外の部分は標準設計仕様を編集的に扱い計画している。

具体的には、既存のスチールサッシを木製サッシに取り替え、さらにサッシを取り除いたままの半屋外の部屋=ルームテラスを点在させている。木製サッシは、これからの団地再生において共有されるマテリアルとなり、団地風景に人間性のある表情を与える存在となる。ルームテラスは、テラスでありながら部屋のような、部屋でありながら穿たれた開口のある半外部という両義的な場所をつくりだす。さらに点在することでプランにバリエーションが生まれ、異なる機能の部屋が積層する多様な立面をつくりだす。

建具一部分を設計の主対象として、団地が半世紀を経て育んできた素晴らしい環境を最大化し、関係性の綾が織り込まれた風景をつくることを目指している。

【DATA】
所在地|東京都足立区
建築面積|170.66㎡(EV棟・自転車置場含む)
延床面積|669.92㎡(EV棟・自転車置場含む)
階数|地上5階
戸数|10戸(住戸面積:39.07~40.95㎡)
構造|住棟:鉄筋コンクリート造 EV棟:鉄骨造
既存竣工|1966年4月(EV棟増築:2011年5月)
設計期間|2012年5月~2013年6月
施工期間|2013年7月~2014年2月

デザイン監修|藤田雄介 / Camp Design inc.
建築|独立行政法人都市再生機構東日本賃貸住宅本部
実施設計|山設計工房
施工|江州建設
写真|Kentahasegawa

【PROFILE】
藤田雄介 / YUSUKE FUJITA
1981 兵庫県生まれ
2005 日本大学生産工学部建築工学科卒業
2007 東京都市大学(旧:武蔵工業大学)大学院工学研究科修了
2008-09 手塚建築研究所勤務
2010- Camp Design inc. 主宰
2013- ICSカレッジオブアーツ 非常勤講師

【TEXT】
It is a renovation project of one building of the Hanahata housing complex in, Tokyo. The range is turned to changing the housing complex scape of about 760,000 houses which Urban Renaissance Agency holds although it is renovation of one building. The design used as the general-purpose solution instead of the particular solution for this building was considered. Therefore fittings are planned as a main object of a design according to standard design specification except it. I exchange the existing steel sash to a wooden sash, and also are making it specifically dotted with the room = room terrace of the half-outdoors which removed the sash. Wooden sash serves as a material shared in future housing complex reproduction. And the expression which has humanity in a housing complex is given. Room terrace makes an ambivalent place called the half-exterior with an opening like the room dug though it was a room, though it is a terrace. By the position of a room terrace, some variations are born to a plan.
The various elevation which the room of a different function laminated is made.
The wonderful environment which the housing complex has cherished through five decades by the design of fittings is maximized, It aims at landscape that relationship was woven in.

【DATA】
Location|Adachi-ku, Tokyo
Building Area|170.66㎡
Total Floor Space|669.92㎡
Number of Floor|5
Number of House|10(Exclusive Area:39.07~40.95㎡)
Structure|RC
Year of Completion (Existing)|1966.04
Design Period|2012.05~2013.06
Construction Period|2013.07~2014.02

Design Supervision|Yusuke Fujita / Camp Design inc.
Architect|Urban Renaissance Agency
Detail Design|YAMA ARCHITECTS & PARTNERS
General Constractor|GOSHU KENSETSU
Photographer|Kentahasegawa

【PROFILE】
藤田雄介 / YUSUKE FUJITA
1981 Born in Hyogo, Japan
2005 Graduated from Department of Architecture,College of Industrial Technology ,Nihon University
2007 Completed the Master Course of Architecture, Tokyo City University
2008-09 Worked at Tezuka Architects
2010- Establish,Camp Design inc.
2013- Lecturer,ICS College of Arts.

http://www.camp-archi.com/


Posted by Shinichi Kawakatsu