谷尻誠率いるSuppose design officeによる尾道水道の眺めを独り占め出来る「尾道の家」

谷尻誠率いるSuppose design officeが設計した尾道水道沿いに建てられた家「尾道の家」を紹介します。様々な場所から眺めることで、尾道の海を独り占め出来る贅沢な家です。



広島県にある尾道水道は、尾道市と向島に挟まれた東西に長く狭あいで湾曲した海です。「尾道の家」の敷地はこの海に向かって開かれており、様々な角度からこの海を眺めることが出来ることを発見したことからこの家は建てられました。



長方形の5つの壁は海に対して60度回転して建てられ、その間に生まれた4つの空間には海との関係を考慮して屋根がかけられています。この屋根の素材と角度によって建築と海に多様な関係が紡がれています。



軒先の下は静かな空間で、海の景色を静かに楽しめる場所となっています。


また海に向かって斜めに屋根がかけられた場所ではガラスのファサードで絵画のように海が切り取られ、広く開いた空間で海を間近に感じることが可能です。





建築の役割は当たり前の風景を意識させ、普段意識していない日常の豊かさを感じさせることにあります。

波や風の音、港を出入りするボート、波間の下にいる魚、そういった海辺の当たり前を心行くまで堪能する豊かさに満ちた場所が「尾道の家」です。

この他の写真や情報はこちらのHPよりご覧ください。



The house in Onomichi by Makoto Tanijiri / Suppose design office

Visiting the site area and getting the map for the traveling are alike.

The map would give us the information of the destination and also the area around the place at the same time, and it is also viewing the site with macro-perspective and micro-perspective.

From the map, in this site area, a fine perspective with the ocean called “Onomichi Suidou” opens out, and the inland sea is gently curved on this site. By changing the angle, we found the view of the ocean continue forever.

The site area with the shape of rectangle, the 5 walls arranged which rotated 60 degrees to a clockwise direction. Those 4 spaces between the walls, we roof them with considering the relationship to the ocean. The material of the roof and the angle would make diverse of the relationship of the architecture and the ocean, the quiet space under the eaves where we could enjoy the view of the ocean, the place with the glass roof to enjoy the ocean as painting, and the space opened widely to feel the ocean.

The existence of the architecture would make the familiar scenery conscious, and make us realize the richness of our daily life which we don’t usually pay attention, the sound of the wave and wind, the boats coming and going, and the fish under the sea.

If you need more information, please check here.


posted by Shin Yamashita.