谷尻誠率いるSuppose design officeによる森のように日々未完成な建築「くるりの森」

谷尻誠率いるSuppose design officeがデザインし、構造をArupが担当した浜松にあるジャングルジムのような建築「くるりの森」を紹介します。

日々成長し、姿を変える森のような魅力をもつ未完成で完成された建築です。









建築には完成を迎える瞬間があります。森は今日が完成でもありながら、明日も明後日も姿を変え完成する、日々未完成でありながら完成でもあるものです。
この構造体にネットをかけることで遊具に、またはしごや床を設けることでツリーハウスのように使用することも可能です。
このようにどんどん建築の要素が足されていくことで、いつか「建築」と呼ばれることになるでしょう。

建てられた瞬間が完成ではなく、いつが完成かもわからない、そもそもどういう名前で呼ぶのかがわからないこの「建築」から、開かれた大きな可能性を感じます。

その他の写真や情報はこちらのHPよりご覧ください。




Forest Loops by Makoto Tanijiri / Suppose design office

The concept of this project is an implementation of natural forests.

Forest is an representation of growth in nature, it is growing/expanding day by day and lies in between the definition of complete and incomplete.

Majority of the existing architecture projects shows a sense of completion once the building is completed.

For Forest Loops, we are inspired by the growing idea of forest. We tried to expand the possibilities of usage and interactions that can connect with visitors and residents. (For example, if you place a net to the structure, it will become a play land for kids. If you add a tree house, it can turn into a residential architecture for people to live.)

The project will continue to grow and expand its possibilities of usage and interaction.

if you need more information, please check here.

Location : Somechidai, Hamakita, Hamamatsu, Shizuoka, Japan
Principal use : Playground
Construction Company : Okabe
Structural Engineer : Mitsuhiro Kanada
Main Structure : Steel
Site Area : 17291.33sqm
Roof area :286.72sqm
Total floor area :249.59sqm
Completion : 7/2014
Design period: 12/2013 — 3/2014
Construction period : 4/2014 — 7/2014
Project team : Makoto Tanijiri [suppose design office]+ Mitsuhiro Kanada [Arup]
Photographer :Toshiyuki Yano


posted by Shin Yamashita.