長坂常 / スキーマ建築計画による古くからある工場を改修した、アーティストの活動全てを表現の場へと変える「高橋理子押上スタジオ」

長坂常 / スキーマ建築計画が手がけたアーティスト、高橋理子のためのスタジオを紹介します。元々工場兼オフィスとして質より量を求めて作られた空間は、その後40年かけてあらゆる遍歴を辿るうちに各所にいびつな空間やズレが生じていました。そこに長坂常の手によって耐火被覆、構造補強といった性能向上や化粧が施されることで、ズレが如実にあらわれた予想もつかない空間となっています。








1階は展示スペース、アトリエ、ミーティングルーム、ショップなど様々に利用される空間のため、二対のキッチンテーブルやショーケースなどが自由に場所を変えて使用できるようになっています。





2階は着物の着付けが行える全面畳の間です。またL字の壁は全てで構成されています。








3階は多くの食べられる植物を育てるためのハウスとして利用されます。また3階の一部に建てられた小屋の中は、高橋理子がパソコンに向かうオフィスです。







高橋理子は円や直線といった抽象的な要素を大胆に着物の柄に落とし込んだ作品などで有名なアーティストです。そんな彼女が一対一という最小単位の関係の中で表現を行い、自身のこれからを探求するために選ばれたのがこの場所、高橋理子押上スタジオです。

「売る」「見せる」というアウトプットに収まらず、「食べる」「考える」というインプットから「作る」までのプロセスも表現されるこの場所は、まさしく「生きていることの全てが表現活動である」と考える彼女のための空間です。

その他の画像や情報はこちらこちらからご覧下さい。





高橋理子押上スタジオ

設計:長坂 常/スキーマ建築計画
担当:中田 雅実
所在地:東京都墨田区業平4–11–2
主用途:スタジオ
施工:アイガー産業(建築・内装)、E&Y(家具)、日暮 一允(菜園)、前芝 良紀(植栽)
敷地面積:219.21㎡
建築面積:140.85㎡
延床面積:324.10㎡
階数:3
構造:鉄骨造
竣工:2014年9月
写真:川本 史織


TAKAHASHI HIROKO OSHIAGE STUDIO by Jo Nagasaka / Schemata Architects

We renovated the old steel building, originally used as a factory / office, into a workspace for an artist to use for the next several decades. In order to improve the building performance, we applied fireproof coating and structural reinforcement. The construction of the original building was based on the value of “quantity over quality.” As a result, you can see various gaps and distortions all over the building after 40 years, which are made even more clearly visible by newly applied coating and finishes. We intend to transform these gaps and distortions into unique spaces where one encounters unexpected experiences.

Hiroko Takahashi is one of the most sought-after artists and her works are widely recognized and sold all over the world. She has chosen this place as a new base for her creative endeavors, where she continues her quest for new expressions through person-to-person interaction. Here all actions, not only “output” actions such as selling and displaying, but also “input” actions such as eating and thinking, and creative process are considered as forms of expressions. Visitors are able to actually experience the real-time development of Hiroko Takahashi’s creative endeavors in this space.

If you need more information, please check here or here.


title : TAKAHASHI HIROKO OSHIAGE STUDIO

architects:Jo Nagasaka/Schemata Architects

project team: Masami Nakata

address:4–11–2 Narihira Sumida Tokyo

usage:studio

construction:Eiger(building・interior)
E&Y(furniture)
Kazumasa Higurashi(garden)
Yoshiki Maeshiba(planting)

site area:219.21㎡

building area:140.85㎡

total floor area : 324.10㎡

floors:3

structure:steel

completion:09/2014

photo:Shiori Kawamoto


posted by Shin Yamashita.