ロナン&エルワン・ブルレックがartek社より発表した、骨組みのラインが美しいシンプルな家具のコレクション「Kaari」

ロナン&エルワン・ブルレックartek社より初めて発表したテーブルとシェルフのコレクション「Kaari」を紹介します。木材に沿う曲げられた鋼板で構成された骨組みがシンプルながら個性的な、今までにないデザインの家具です。




「Kaari」はウォールシェルフ、テーブル、デスクなどを含むコレクションです。その全てに共通するのが木材と鋼板を利用した特徴的な骨組みです。




交差した木材と、曲げられた鋼板で構成されたテーブルの脚。垂直の木材と木口に沿う形で曲げられた鋼板により、しっかりと荷重を支えながらもシンプルな骨組みです。





ウォールシェルフや壁付けデスクの棚板を支持する部分も同じように構成されています。テーブルの脚同様、木材で垂直を印象付け、鋼板の厚みを感じさせないことで軽やかな印象を生み出しています。





artekは代表作のSTOOL 60が示すように、アルヴァ・アアルトが木を90°に曲げる技術「L-leg」をベースに立ち上げたフィンランドの家具会社です。L-legの持つ要素をまっすぐな“曲げ”られた鋼板と真っ直ぐな“木”で再構成することで新しい脚を生み出し、机や棚に発展された「Kaari」。個性的でありながらシンプルで軽やかさも併せ持つ、ブルレック兄弟とartekだからこそ生まれた美しいコレクションです。

ロナン&エルワン・ブルレックのその他の作品はこちらから。


Kaari collection by Ronan & Erwan Bouroullec

Kaari collection comprises rectangular and round tables in two sizes as well as a desk, a wall console, a small round shelf and an assortment of large wall-mounted shelves.

From the beginning we had the idea to make a collection in link with the Artek tradition but from our contemporary stance.

We continued our exploration around the combination of materials and created Kaari, a novel construction system resulting of a hybridization of solid wood and steel bands.

The principle is extremely simple : the vertical load is supported by a wooden part and a bent steel band embraces the contours of this solid wooden piece.

The steel band draws a kind of wing bracket-angle that supports the ensemble and creates a linear and rhythmic silhouette.

The system, originally conceived for table legs, is declined to construct wall-mounted tables and shelves and can support a wide variety of different tops : small and large, round and rectangular, low and high.

If you need more information, please check here.


posted by Shin Yamashita.