Photos : Kenta Hasegawa

 

長坂常/スキーマ建築計画による既存の建物をあらわし、研磨することで古さと新しさ、商店と商店街が交わったOWAN.INCのための店舗「お米や」

長坂常/スキーマ建築計画による東京都品川区戸越の店舗「お米や」を紹介します。

元々古い八百屋であった店舗の柱をあらわしにした上で研磨し、新しく作られたラワンベニヤに造作と色の調子を合わせることで古い部分と新しい部分の境界が曖昧でリフレッシュされた空間となっています。

戸越銀座から戸越公園駅に向けて分岐した300mほどの小さな商店街、戸越宮前商店街。かつては小さな個人商店が軒を連ね賑わっていましたが、近年はシャッター通りとなっています。そんな商店街に再び灯をともすべく活動する地元のチーム、株式会社OWANによる同商店街3店舗目が「お米や」です。2014年に閉店した八百屋兼住居の八百屋部分を改修し、お米とおにぎりを販売する商店として生まれ変わりました。

既存の建物は店舗の奥が自宅となる典型的なタイプの商店であり、店舗部分は5坪ほどしかありません。しかし沢山の商品と並べ、売り上げを競う店ではなく「適度でいいから、個人で小さく経営したい」という人も必ずいます。そんな人たちのニーズに応えるようなプランが計画されています。

そこで重要なのは商店同士の目線です。近隣の商店の目線があるために、少しその場を離れても誰かが見てくれている安心感が生まれます。個人で経営する上でとても重要な“少し”の安心のために、店内は大きく外に開かれています。

ローコストに押さえるため、新しく作られた部分はラワンベニヤが用いられています。また既存のくたびれた建物の柱をあらわしにし、研磨を行い新しい部分と色の調子を合わせることでどこが新しく、またどこが古いのかわからない全体的にリフレッシュされた空間となっています。

周りの商店の目線によって支えられ、同時にこの商店自体が商店街を支える。そんな相互の関係をつくりだすことで商店街全体を活性化します。

このお店だけではシンプルで派手さはありません。しかしこの商店街に同じように新しさと古さの混ざった商店が沢山生まれ、商店街全体も新しいお店と古いお店が交わることで「この街に何かありそう」と期待が生まれる計画です。

長坂常/スキーマ建築計画のこの他の作品はこちら
株式会社OWANのその他の活動はこちらこちらからご覧ください。

お米や
設計:長坂 常/スキーマ建築計画
担当:會田倫久
所在地:東京都 品川区 戸越 4–8–6
主用途:米屋
施工:todo
面積:16.49m²
構造:木造
竣工 :2014年12月
写真:長谷川健太


posted by Shin Yamashita.