ホルヘ・アルマザン慶應義塾大学ホルヘ・アルマザン研究室による山梨県、市川三郷町の酒蔵を地域市民団体と共同で修復し、コミュニティスペースへとコンバートした「サケウェアハウス」を紹介します。
伝統的な酒蔵の歴史的、建築的な特徴を保ちつつ、そのエレメントに新たな形と利用方法を与えることで新しさと古さが混じり合った地域のためのパブリックスペースとなっています。

Photo : Montse Zamorano
Photo : Montse Zamorano
Photo : Montse Zamorano
Photo : Montse Zamorano
Photo : Montse Zamorano
Photo : Montse Zamorano
Photo : Montse Zamorano
Photo : Montse Zamorano
Photo : Montse Zamorano
Photo : Montse Zamorano
Photo : Montse Zamorano

以下、設計者の文章です。

サケウェアハウス
山梨県の酒蔵のコンバージョン

このプロジェクトは、日本の伝統的な蔵のコミュニティースペースへのコンバージョンである。地域の再活性化を目的に、地域市民団体と共同で この建物の修復改修を行った。

この蔵は日本の地方小都市である山梨県市川三郷町に位置し、もとは酒造施設の一部であった。この酒造施設の母屋は商店街に、そして対象の蔵は裏路地に面している。この蔵の所有者は蔵の一部を残し、劣化が著しい部分の解体を行っていた。残存する構造のみが当時の裏路地沿いに建っていた蔵の面影を残している。取り壊さずに残された蔵の壁も損傷を受け、町なかに残された特徴のない空白空間となっていた。そこで私たちは残った蔵とその周辺空間を住民のためのパブリックスペースとして開き、再活用することを提案した。

地域市民団体との1年間の共同デザインの中で、私たちは展示会や会合、会議やパフォーマンスのための多目的スペースに酒造を改修することで、新たな公共性を導入することを提案した。 模型やパースを地域市民団体と共有し、コメントを重ねることで、当初想定していなかったプログラムやデザインを設計に組み込むことができた。私たちはただ歴史ある蔵を保存するのではなく、歴史的、建築的な特徴を保ちつつも、新しさを与えることを目的とした。この目的のため、デザインにおいて、私たちは日本の伝統的なマテリアルやエレメントに新たな形と利用方法を与えつつ用いた。

はじめに、すべての壁と開口を補修した、そしてなるべく元の瓦を保存しながら、屋根を改修した。そして、 伝統的な蔵で多くみられるエレメントである木の腰板を新たに導入した。これらの復元作業に加え、私たちは蔵にキャラクターを与えることと、敷地の西側に位置する都市の空白を利用することを計画した。私たちは、蔵から広がる舞台とともにこの空白を小さな広場にしようと考えた。

この舞台は、蔵の内外をつなぐとともに、内部と外部においてイベントを行うことができる。この舞台を蔵と統合させるために、 この舞台に蔵の腰板と同じ材料と高さを用いた。この腰板は連続的に形を変え、パフォーマンスを行うためのプラットフォームになる。

私たちはまた、展示会に適した形にするため蔵のインテリアを改修した。そこでは、スポットライトのためのライトレールや屋根構造を照らすための間接光を新たに設置した。

周囲の空間に関して、商店街から裏路地をつなぐように新たな動線をデザインし、蔵周囲の庭を楽しめる機会を住民に提供している。この新たな動線は伝統的なエレメントとしてしばしば日本の庭園で見られるとび石によってつくられている。しかしながら、今回、これらのとび石はコンクリートを流し込んだ人工のもので、様々なサイズと形の「とび石」を設置した。小さなものは道になり、大きなものは舞台前で留まるための場所となる。これらのとび石は実寸で敷地においてそれぞれの形とサイズの試験を行い、そして型枠をベニヤによって作成した。自然な石のようにそれぞれのとび石は別々の形とサイズを持ち、それらの配置やサイズ、形は庭のなかで、豊かな活動を引き起こす。

このプロジェクトは、地域市民団体との親密なコラボレーションのなかで、町なかの見捨てられていた敷地に新しいパブリックスペースをつくりだした。ここは都市のスプロールと中心市街地の空白化で公共生活がほとんど廃れてしまった町なかで人々の集まるきっかけとなる。とび石や、木の腰板のような伝統建築のエレメントを再解釈し新たな使い方を組み込むことによって、新しさと古さを混ぜ合わせた。この町の住民への効果に加え、私たちはこのプロジェクトが日本の郊外のなかに多く残る伝統的な蔵の新たな活用のための知見となればと考えている。

Data sheet
設計:
ホルヘ アルマザン + 慶応義塾大学アルマザン研究室デザインチーム(ホルヘ アルマザン, 井上 岳, 高山 将太, 清水 希未, 辻 知也, 杉山 真帆, 草野 萌, 原 里絵香)
所在地: 山梨県市川三郷町
タイプ: リノベーション
竣工: 2016


Conversion of a Sake Warehouse
Yamanashi Prefecture, Japan

This project is a conversion of a kura, a traditional Japanese warehouse, into a community space. In cooperation with a local community group, we restored and renovated this building with the broader goal of contributing to the revitalization of the area.

Located in Ichikawamisatocho, a Japanese provincial town in Yamanashi prefecture, the warehouse is part of a former sake brewery compound. The main building of the compound faces the shopping street, and the warehouse faces a back alley. The restored structure is the only remaining of a longer warehouse that existed along the back alley. Due to its state of decay, the owner decided to partly demolish it, leaving only a portion of the warehouse. The walls of this remaining part of the warehouse were nevertheless severely damaged, and the resulting urban space after the demolition left an unstructured urban void without character. We proposed to re-use the remaining warehouse and the surrounding space, conceiving the whole as a public space open for the local community.

As a result of several months of brainstorming sessions with the local community group, we proposed to introduce new public uses into the sake warehouse, to convert it into a multi-purpose community space for exhibitions, meetings, conferences, and performances. Our goal was not only preserving the old warehouse, but giving it a new life while keeping its historical and architectural character. For this purpose, in our design we use a Japanese traditional repertoire of materials and elements, but giving them new forms and uses.

We restored all walls, fixed the openings, and repaired the roof, trying to keep as much as possible the original roof tiles. We introduced a new wooden wainscot, a traditional element found in many kura warehouses, to protect the lower part of the walls. Besides these restorations works, our intervention in the warehouse was focused on providing character and use to the main urban void left on the western side of the site. We conceived this void as a small plaza with a stage emerging from the warehouse.

The stage is two-sided, connecting the interior and the exterior of the warehouse, enabling the celebration of indoor and outdoor events. In order to integrate it with the warehouse, we designed this new stage with the same wood and height as the surrounding wainscot. The wainscot seems to change its dimensions and become naturally a platform for performances.

We also intervened in the interior of the warehouse to accommodate exhibitions. We installed new lighting fixtures, such as lighting rails for spotlights, and brackets to illuminates the roof structure at night.

As for the surrounding space, we designed a new public circulation connecting the main shopping street to the back alley, offering the public the opportunity to enjoy the garden surrounding the warehouse. The new public circulation is facilitated by another traditional element, often found in Japanese gardens: stepping stones. This time, however, the stones are artificial: custom-made in poured concrete. We introduced diverse sizes and shapes of “stones”: small ones to mark paths, giant stones to mark staying places in front of the stage. We examined on-site and in real size each shape and size, and we built the formwork with curved veneer wood. As real natural stones, each one has a different shape and size. Their position, size and shape was designed to subtly reinforce activities and movement in the garden.

This project, realized in close collaboration with a local community group, creates in an inner-city derelict site a new public space. It gives people the opportunity to gather in this town where public life is almost extinguished due to urban sprawl and the hollowing of the built-up areas. By reinterpreting traditional architectural elements, like the stepping stones and the wooden wainscot, and incorporating new uses, we integrated the new and the old. Beyond the positive impact on this local community, we hope that this project will become an inspiring model to re-inject new life into many neglected traditional warehouses found in provincial Japanese cities.

Data sheet

Architects: Jorge Almazán + Keio University Almazán Lab.
Design Team: Jorge Almazán, Gaku Inoue, Shota Takayama, Nozomi Shimizu, Tomoya Tsuji, Maho Sugiyama, Moe Kusano, Rieka Hara
Location: Ichikawamisato, Yamanashi, Japan
Type: Renovation
Year: 2016


posted by Shin Yamashita.