81 Articles

dezain.net

dezain.net

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

C.S.S.S.S — an object which can stand 6 defferent way by Ben Nagaoka

長岡勉 / POINT による小さなモノの居場所と風景を作る棚のようなオブジェクト「C.S.S.S.S」 POINT代表の長岡勉が“丹青社 ひとづくりプロジェクト”にて発表した、棚のような立体「C.S.S.S.S」を紹介します。 棚でありながら複雑なオブジェのようでもあり、また6方向全ての面で自立して見る角度で印象が変わる、という一言で表せないような多様性が魅力的なシェルフ(オブジェ)です。

ONOMICHI U2 — the adaptive reuse of an old seaside warehouse into the new interactive space for…

谷尻誠による尾道に来るサイクリストと住民の新しい関わりを生む”小さな町”のような複合施設「ONOMICHI U2」 谷尻 誠率いるSuppose design officeが海沿いの倉庫をリノベーションしたホテル、サイクルショップ、ギャラリーを併設する複合施設「ONOMICHI U2」を紹介します。倉庫の躯体をそのまま残し、その中に建てられたホテルの一室などの前に’路地’があることで施設自体が小さな町のように機能し、観光客だけでなく地元住民にとっても小さな良いことが生まれる魅力的な場所となっています。

Interview with Sébastien Martinez Barat , Curator of Belgian Pavilion on 14th International…

ベネチア建築ビエンナーレ、ベルギー館の展示風景と、キュレーターのセバスチャン・マルチネス・バレットへのインタビュー 開催中の第14回ベネチア建築ビエンナーレは、総合ディレクターのレム・コールハースが総合テーマをもうけ、各国パビリオンがそれに応えるという、これまでにない取り組みに注目が集まった。結果的に韓国館が金獅子賞を受賞したが、各国それぞれのアプローチでディレクターの問いかけにたいする応答が試みられた。

Exhibition Space Design “Books, Words, Designs” by Ryuji Nakamura

中村竜治による「本・ことば・デザイン」展の会場デザイン 建築家の中村竜治が会場構成をてがけた東京ミッドタウンで開催中の展覧会「本・ことば・デザイン」の写真を掲載します。本展は、幅允孝氏の総合ディレクションの下、「本とそこに記されたことばを読み取り、いかに豊かに伝えられるか」をテーマに、伊東豊雄(建築家)、葛西 薫(アートディレクター)、柴田元幸(翻訳家)らが参加しています。

Branca Stool designed by Industrial Facility for Mattiazzi, Italy

サム・ヘクト率いるIndustrial Facilityによる木で継ぎ目なく組まれたスツール「Branca Stool」 サム・ヘクトとキム・コリンが率いるロンドンのデザイングループ、Industrial Facilityがかつてデザインし、MOMAのコレクションに加えられるなど大反響を生んだ椅子Branca Chiarのスツール版、「Branca Stool」を発表したので紹介します。

能作建築設計事務所による「富士見台団地のリノベーション」

能作建築設計事務所による「富士見台団地のリノベーション」 建築家能作淳平が50年前に建てられた団地の一室を改修したプロジェクトを紹介します。ここでは既存の空間の要素を「間取り」と「部位」にわけて考えて設計が試みられています。暮らしの枠組みとなる間取りは大きく変えつつ、身体的な感覚に作用する建具や床材については転用することで、団地特有の和風のしつらいやスケール感を継承しつつ、現在の生活にあわせた空間が実現されています。

Yusuke Fujita / Camp Design inc. renovated old social housing in Tokyo

藤田雄介 / Camp Design inc.による「花畑団地27号棟プロジェクト」 2012年にUR団地再生デザインコンペで最優秀賞を受賞した藤田雄介 / Camp Design Inc.による花畑団地27号棟のリノベーションプロジェクトです。藤田はこれまでもインテリアの改修などにおいて、建具による室内風景への改変可能性に取り組んできましたが、今回の改修においても建具に注目し、スチールサッシから木製サッシへの変更、また建具の配置をずらすことによって半屋外のルームテラスを生み出すことを試みています。

The Gate — Installation by Tokujin Yoshioka in Cartier Time Art

吉岡徳仁によるカルティエ特別展「Cartier Time Art」とインスタレーション「The Gate」 吉岡徳仁が2011年より手がけるカルティエのウォッチメイキング特別展「Cartier Time Art」。その第3回が中国の上海当代芸術博物館 -POWER STATION OF ART- にて7/19より開催されます。そこで今回はこの展示と、新たに加えられたインスタレーション「The Gate」を紹介します。

‘Landscape of Gravity’ visualizes the movement of water by Kirsi Enkovaara

Photos : Aava Anttinen and Kirsi Enkovaara キルシ・エンコバーラによる普段見えない水の動きを転写したオブジェクト「Landscape of Gravity」 今年のRCAの修了制作展、SHOW RCA 2014にてキルシ・エンコバーラが発表した油性インクを利用して水の動きを転写したオブジェクト「Landscape of Gravity」を紹介します。

‘Pixel Currency‘ addresses the issue of identity privacy by Sures Kumar

サレス・クマールによる通貨を払うことで肖像権の問題を解決するシステム「Pixel Currency」 今年のRCAの修了制作展、SHOW RCA 2014、 Design Interactionsで発表されたサレス・クマールによる公共の場における個人の肖像権の問題を解決するシステム「Pixel Currency」を紹介します。

Joushu Tomioka Station by TNA

TNAによる上州富岡駅の写真とレビュー「後先を孕む建築」 世界遺産への登録が正式に認められた富岡製糸場。その玄関口となるべく建替えられた上州富岡駅(設計:TNA)の写真とレビューを掲載します。

Safe Haven Library / Bathhouse by TYIN tegnestue Architects

All photos : Pasi Aalto TYIN tegnestue Architectsによるその地域のもので作られた持続可能な施設「Safe Haven Library / Bathhouse」 ノルウェーを中心に活動する若手建築家ユニットTYIN tegnestue Architectsが2009年にタイで手がけたプロジェクト「Safe Haven Library / Bathhouse」を紹介します。

« Newer Posts1 2 3 4 5 Older Posts »