Browsing Category

Review

藤田雄介による『時間の倉庫』(設計:福島加津也+冨永祥子建築設計事務所)へのレビュー「 “ありのまま” 建つことの困難」

福島加津也+冨永祥子が設計した《時間の倉庫》に足を運んだのは、改修されてから約1年が経とうとした頃だった。専門誌に掲載された記事を見て興味を持ったこと、自分の完成間近のプロジェクトについて考える上で見ておきたいと思ったためである。寒風吹きすさぶ駅からの道のりを足早に、現地にたどり着いた時の第一印象は、煉瓦造の建物が「ありのまま」建っているというものだった。外観はそのまま、内部は何が加えられ何が引かれたのか分かりそうで分からない。

浅子佳英による『ART PHOTO TOKYO』(会場構成・デザイン:元木大輔)へのレビュー「なにかを展示する場所について」

「ART PHOTO TOKYO」は、茅場町という証券取引所がある場所として誰もがなんとなく知ってはいるけれど多くの人は降りた事すらない街に、たった4日間だけあらわれ消えていった蜃気楼のような空間である。より具体的には、再開発のために建て壊しが決まったオフィスビルを、元木大輔が写真を展示するための空間へと変容させたものだ。

宮城島崇人による『伊達の家』(設計:青木弘司)のレビュー「生活のリアリティを削ぎ落とした先にあるもの」

生活のリアリティを削ぎ落とした先にあるもの   北海道のような比較的環境負荷の大きい積雪寒冷地においては、小さな失敗が建築の崩壊につながると言っても大げさではない。そうした環境の中で快適な住まいを求めて、先輩建築家たちは工務店、技術者、メーカー、研究者、そして施主との協働による幾多の試行錯誤を通して、断熱通気工法、外断熱工法、ブロック造の北方住宅、無落雪フラットルーフなどの技術や知恵を発明し、それらを共有しながら、新しい北方住宅を提案してきた。

門脇耕三による『銀座夏野Rblg』(設計:TNA)へのレビュー「都市を反転する」

武井誠と鍋島千恵のユニットであるTNAが、銀座でビルを設計していることを知ったのは2009年の夏のこと。『GA JAPAN』誌上での計画案の紹介記事★1を読んだのであるが、その印象があまりに鮮烈だったから、このプロジェクトには個人的にずっと関心を持ち続けてきた。

村山徹(ムトカ建築事務所)による『始めの屋根』(設計:増田信吾+大坪克亘)へのレビュー「強度をもってして、あたかも始めからそこにあったかのように建築を置くこと」

「今、基礎つくってるんすよ」と、躯体の窓の見学会後の飲み会で増田くんがうれしそうに言っていたのが3年前。それがリビングプールとして発表されて、次は「屋根つくってるんすよ」と得意げに言う増田くん。これまで建築のある部位だけを攻めてきた増田大坪。もはやこれは、確信犯と言っていいだろう。

山道拓人(ツバメアーキテクツ)による『綾瀬の基板工場』(設計:AHA)のレビュー「福祉発、アルゴリズム経由、建築論」

建築を批評する際、設計をした建築家がどのようなフレームで世界を認識しているかを知ることが重要だと最近思う。そのフレームをかたちづくる要素の一つに、建築家の経由点というものがある。プロジェクトとして経験したビルディングタイプに内在する文法が、その後の設計に強い影響を与えるということがあるからだ。

Joushu Tomioka Station by TNA

TNAによる上州富岡駅の写真とレビュー「後先を孕む建築」 世界遺産への登録が正式に認められた富岡製糸場。その玄関口となるべく建替えられた上州富岡駅(設計:TNA)の写真とレビューを掲載します。

Architect Tezzo Nishizawa designed spaces for “Reading Cinema, Finding Words” exhibition in Tokyo

西澤徹夫が会場を構成した展覧会「映画をめぐる美術ーマルセル・ブロータースから始める」 ベルギー出身のアーティストマルセル・ブロータースと現代の作家13名の仕事から、映画と現代アートの関係を探る展覧会「映画をめぐる美術ーマルセル・ブロータースから始める」が、東京国立近代美術館で開催されている。