能作建築設計事務所による「富士見台団地のリノベーション」 建築家能作淳平が50年前に建てられた団地の一室を改修したプロジェクトを紹介します。ここでは既存の空間の要素を「間取り」と「部位」にわけて考えて設計が試みられています。暮らしの枠組みとなる間取りは大きく変えつつ、身体的な感覚に作用する建具や床材については転用することで、団地特有の和風のしつらいやスケール感を継承しつつ、現在の生活にあわせた空間が実現されています。