長坂常 / スキーマ建築計画による古くからある工場を改修した、アーティストの活動全てを表現の場へと変える「高橋理子押上スタジオ」 長坂常 / スキーマ建築計画が手がけたアーティスト、高橋理子のためのスタジオを紹介します。元々工場兼オフィスとして質より量を求めて作られた空間は、その後40年かけてあらゆる遍歴を辿るうちに各所にいびつな空間やズレが生じていました。そこに長坂常の手によって耐火被覆、構造補強といった性能向上や化粧が施されることで、ズレが如実にあらわれた予想もつかない空間となっています。